平熱が低いと太りやすい!?イルチブレインヨガで体ぽかぽかダイエット


みなさんは、自分の平熱をご存じですか?「平熱が低いと太りやすい」というのは、ダイエットの鉄則。平熱が低い「低体温」だと、体が自分を温めようとして皮下脂肪をため込んでしまうからです。人間の標準的な平熱は36.5度前後だといわれていますが、それよりも低い人は要注意。最近では、平熱が35度台の人も増えており、ぜひチェックしたいポイントです。

低体温になると肥満になりやすいだけでなく、病気と闘うための「免疫力」の低下にもつながります。体温が1度下がると免疫力は30%低くなるとされ、「冷えは万病の元」とも言われます。現代人は、ストレスや不規則な生活により、自律神経が乱れ気味。それによって、自律神経の働きの一つである「体温調節」機能が崩れ、冷えやすくなっています。

また、近年、ビジネスパーソンはオフィスなどで同じ姿勢で仕事を続けていることが多く、筋肉が硬くなる傾向が強いです。筋肉が硬直化していると、血管が圧迫されて血行不良に。これが冷えをもたらします。
運動不足も血流悪化の原因です。かつては、掃除、洗濯、料理などの家事はすべて手作業で行っていました。さらに、農作業などをこなし、移動するのも徒歩が中心でした。しかし、現代社会は乗り物や家電が充実し、日常の運動量は低下しています。
運動不足で筋力が弱まると、血液を心臓に戻すという筋肉の“ポンプ機能”が十分に発揮できず、新鮮な血液が全身に行き届きにくくなります。

イルチブレインヨガは、全身の筋肉をバランス良く鍛えるようにプログラムされており、ふだん使わない筋肉や体の内側のインナーマッスルもしっかりと強化します。これによって、血液の循環をスムーズにして、内側からポカポカと温められる体質へと導きます。さらに、脳を活性化することで、自律神経のバランスを整えます。心がリフレッシュしてヤケ太りもなくなるため、ダイエットにもぴったりです。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド タグ: パーマリンク