1月は変化のチャンス!イルチブレインヨガで脳の潜在能力を引き出す


新年を迎えると、多くの人が「今年こそ変えたい、変わりたい」と思うものです。自分の望みや夢を実現するには、何らかの大きな変化が必要だと感じている人は多いようです。とはいえ、いざ変わろうとすると、安定を求める本能や現状を手放したくないという気持ちが働き、チャンスを逃してしまうこともあります。また、「変わりたいけど方法が分からない」「変われる自信がない」という方もいるでしょう。

夢や願望の実現に向けて、大きな変化を生みだすカギを握るのが、私たちの脳です。脳教育の世界では、脳にはこれまで経験のないこと、あるいは出来ると考えたこともないことを実行する能力があるとされています。さらに、夢を実現する方法を探し出すという力も脳には備わっているといいます。「天才」と呼ばれる人や偉業を達成した人たちの多くは、こうした脳の潜在力を活かすことで、従来の概念を打ち破るような創造を実現しました。

人間の脳の神経細胞は、直線距離にすると数百キロメートルあるとされます。この膨大な神経細胞が、脳内で複雑に絡み合っています。これらの神経細胞をお互いに結び付け、強固なネットワークをつくることが、人間本来の創造性や変化への柔軟性を発揮するためには決定的に重要だと言われています。

イルチブレインヨガでは、30年以上にわたる脳科学と脳教育の研究・実践にもとづき、脳の潜在能力を引き出すための健康プログラムを行っています。全国のスタジオでは、「脳活性化」をテーマとするヨガ体操や呼吸、瞑想を習うことができます。イルチブレインヨガの脳活性化ヨガで、「チェンジの年」をスタートさせましょう。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です