増える不眠~対策は「定時の起床」から


「夜中にときどき目が覚めてしまう」など、睡眠の状態に不満や不安をもっている人が増えています。ある調査によれば、35%の人が睡眠の状態についてときどき不安をもち、13%の人が慢性的な不眠に悩んでいるそうです。

ひとくちに不眠といっても、いくつかのタイプがあります。最も多いのは、寝つきが悪くなる「入眠障害」。そのほか、時々目が覚める「中途覚醒」、朝早く目が覚めてしまう「早期覚醒」も、よく見られる不眠の症状です。

不眠の原因は様々です。最近では、加齢を原因とする不眠を訴える人が増えています。働きざかりの40歳を過ぎる頃から、年齢が高くなるにつれて睡眠が浅くなり、中途覚醒が顕著になるパターンです。

不眠の原因としてもう一つ多いのが、精神疾患に伴う不眠です。うつ病などにかかると、かなり高い確率で不眠の症状が現れます。

長引く不況で、精神的に追い詰められている中高年が多いことも、不眠症増加の背景にあるようです。

不眠症の対策としては、何よりも、規則正しい生活を心がけることが第一歩です。就床と起床の時刻を守り、睡眠時間に大きな変化が起こらないようにします。睡眠不足と思っても朝は決まった時間に起きるようにして、日常の活動を始めます。

睡眠には心身の適度の疲労が必要ですので、軽いエクササイズも効果的。就寝前のアルコールの常用やコーヒー・茶などの摂取は避けるようにしましょう。

★ ★ ★
イルチブレインヨガ(ILCHI Brain Yoga)・ブレインダンヨガは、脳科学と
ヨガを融合させた体と心と脳のヨガ、ホリスティック・エクササイズです。
体のトレーニングを通して脳を活性化し、心身の健康、幸せを実現します。
脳教育BEST5にもとづくILCHIチョンファ心性(真我発見)プログラムなどの
特別トレーニングを、人生の充実を希望する方たちに提供しています。

イルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/

イルチブレインヨガの体験はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/reserv/yoyaku.html

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です