ライフスタイルを見直して冷え性をやっつけよう!


冷え性に悩む人は、年々増えていると言われています。寒い冬はもちろん、暑い夏でもエアコンによる室内温度の低下から体が冷やされ、膝かけやカーディガンなどが手放せないという人も。医療の専門家は、現代人は冷え性になりやすい習慣や行動を日常的に行っていると言います。

◆ハイヒールは冷えの原因!
足をスラリと長く美しく見せる効果があり、多くの女性に愛用されるハイヒール。しかし、このハイヒールが冷えの原因になることをご存じでしょうか。
ハイヒールは、床につく靴底の面積が少なくなるほど、安定感はなくなります。体を支えるために全身が不自然な姿勢になり、神経はいつも緊張を強いられることに。さらに、足を締め付けるため血行不良が起こり、血液循環が悪くなります。これらの要因から、体が冷えてしまうのです。
とはいえ、デートや女子会ではおしゃれを楽しみたいし、働く女性にとってはスーツとハイヒールの組み合わせが必要な場合もあります。普段はローヒールをはき、ここぞという時にのみハイヒールをはく――このようにバランスよく履き分けて、冷えから身を守ることが大切です。

◆無理なダイエットは禁物
ダイエットで、無理に食事制限をすることも、冷えにつながります。なぜなら、体温を維持するためのエネルギーが少なくなってしまうからです。いくら痩せるためとはいえ、必要なエネルギーまで奪ってしまうと、健康的に美しく痩せることはできません。リバウンドを防いでダイエットを成功させるためにも、必要な栄養素をバランスよくいただくことは大切です。

◆体が冷える飲み物って?
口にする飲み物にも、体が冷えるものと温まるものがあります。例えば、コーヒー・牛乳・清涼飲料水・水・緑茶・ウィスキー・焼酎・ビールなどは、体を冷やす飲み物です。体が温まるものには、しょうが湯や紅茶、日本酒などがあります。「体が冷えているな…」と感じたら、コーヒーより紅茶、ビールより日本酒がおススメです。

◆タバコは冷えの原因にも
健康を脅かすリスクが高い喫煙。喫煙には、血管を収縮して血行不良を引き起こし、体を冷やすというマイナス面もあります。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です