生活習慣から肩こりを改善する


日ごろのストレスや疲労が、肩の痛みとして表れると感じる方は、多いのではないでしょうか。

例えば、長時間パソコンに向かう人は、姿勢が前かがみになりやすく、常に筋肉の緊張を強いられています。
筋肉が緊張した状態が続くと、静脈の流れが滞ってうっ血し、だるさや重さといった肩こり特有の症状が出てきます。

肩こりの原因は、悪い姿勢やストレス、運動不足など日常生活の中に潜んでいます。
生活習慣を見直して、長年の肩こりから解放されたいものですね!

≪肩こりの仕組み≫

人間の肩や首には、もともと大きな負担がかかっています。
約4キロの頭を支え、左右には2本の腕。
腕の重さは体重の8分の1ほどです。
体重70キロの人なら9キロ近い腕を、常時ぶら下げていることになります。

腕を長時間使って作業すると、肩の周囲にある僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉に「疲労物質」が溜まってきます。
この疲労物質が溜まると、プロスタグランジンやブラジキニンと言う「発痛物質」が発生し、痛みやこりを感じます。

≪肩こり解消法≫

それでは、肩こりの解消法をご紹介します。

■温める

冷えは肩の大敵です。
肩や首を冷やさないよう心がけましょう。
ハイネックの服を着たり、スカーフで首を覆ったりすると温かさが保てます。

ヘアスタイルは、自然に下ろすのがオススメ。
ポニーテールは、髪の重さで首にどっしり負担がかかるうえ、首まわりが冷えやすくなります。肩こりの原因になるので避けましょう。

夜の入浴タイムは、ゆっくりと湯船に浸かり、首まで温めると楽になります。
リラックスして、1日の疲れを取り除きましょう。

■ストレッチをする

ストレッチは、血行を良くするのに効果的です。

腕、肩、背中などを伸ばしましょう。
伸ばす時に、ゆっくりと息を吐きながら行うと、筋肉の伸び方が倍増されて、さらに効果的です。

仕事や家事の合間に1日に3回ほど行ってください。
肩や首の筋肉の緊張がほぐれ、血液循環がよくなります。

■運動をする

ストレッチに加えて、ジョギングや水泳などの運動も行うと、全身の血行が良くなって、こりが取れます。

ジョギングでは、腕を振る時、ヒジをやや大きく後方に振ると効果的です。
水泳なら、ストローク(腕で水をかく動作)をやや大きめにします。

いつもは動かさない方向に腕を動かすと、血液循環が良くなります。同時に、肩の周りをストレッチできるので、効率よく肩こり解消ができます。

★ ★ ★
イルチブレインヨガ(ILCHI Brain Yoga)・ブレインダンヨガは、脳科学と
ヨガを融合させた体と心と脳のヨガ、ホリスティック・エクササイズです。
体のトレーニングを通して脳を活性化し、心身の健康、幸せを実現します。
脳教育BEST5にもとづくILCHIチョンファ心性(真我発見)プログラムなどの
特別トレーニングを、人生の充実を希望する方たちに提供しています。

イルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/

イルチブレインヨガの体験はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/reserv/yoyaku.html

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です