「苦手な人」との人間関係をスムーズにするには


上司は怒鳴ってばかり、同僚は陰口ばかり、お客さんからは無理に要求を突きつけられて……。そんな人間関係のストレスで、爆発寸前でありませんか?人間関係の悩みは、何歳になってもつきないもの。利害関係や様々な感情が複雑に絡み合う現代では、人間関係の悩みは永遠のテーマなのかも知れません。

人間関係をスムーズにする突破口になるのが、自分の「脳」の使い方です。職場でも私生活でも、苦手な相手に対しては、心の中で「なんとなく合わない」と思っていることが多いです。しかし、そんな根拠のない苦手意識を持っていると、その人と接することそのものがストレスとなり、苦手意識が増幅してしまいます。そうなると、人間関係も必然的にぎくしゃくしてきます。

苦手意識を感じているのは、他でもない、自分の脳です。その脳に対して、苦手に感じる理由を尋ねてみても、「なんとなく」としか答えが返ってこないのなら、それは、単にこれまでの習慣や先入観がベースになった誤解に過ぎないはず。

そんなときは、まずは自分の脳と向き合い、先入観を取り除いてあげることが大切です。先入観は、過去の人間関係の苦い経験から来ているかも知れません。だから、瞑想やヨガを通じて、脳の中にある「記憶」や「傷」を癒してあげることが大切です。

苦手だと思っていた人と分かりあえたときの嬉しさは格別です。それは、全く新しい自分を見つけることにもつながるはずです。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です