ふくらはぎがポイント!?イルチブレインヨガで「足先の冷え」対策


冷えやすい人にとって、辛い季節になりました。寒さでなかなか眠れない、朝は布団の中からなかなか出られない、休みの日はストーブの前でじっとしている…。冷えのせいで健康的な生活を送れないという人も多くなります。とくに辛いのが、足の冷え。自分の足先が氷のように冷たいと感じて、仕事などにも支障が出る人も珍しくないようです。

足の冷えは体質や生活環境が影響しているとされます。とくに、深い関係があるのが血行です。血行が悪いと、手足の末端まで血液が届きにくくなります。通常、心臓から送りだされた血液はとても温かい状態で、それが全身に運ばれていきます。しかし、ふくらはぎの辺りでは、血液が冷えやすくなります。その理由は、太ももまでは血管が体の内側の深いところを通っているのに対して、ふくらはぎの血管は皮膚に近いところにあるからです。このため、ふくらはぎ周辺で血液の熱が失われ、足先が冷えやすくなるのです。

また、ふくらはぎの筋肉が不足していると、足先がさらに冷えやすくなります。私たちの体の熱を生み出すのは、筋肉の働きです。しかし、もともとふくらはぎは筋肉がつきにくくなっており、とくに女性は筋肉量が少な目です。筋肉が少ないと、そこを通る血液も冷えやすくなります。

足先の冷えを改善するには、体質面からアプローチが欠かせません。靴下やタイツは何枚も重ね履きしても、一時しのぎにはなりますが、さらに血行が悪くなって冷え体質が悪化しかねません。冷え対策に効果的だとされるのが、適度な運動です。運動をして血流を改善するととともに、下半身の筋肉をバランス良くつけることで、冷えにくい体質へと変わることができます。
イルチブレインヨガでは、下半身を内側から鍛え、ゆがみを整えることで、足元をぽかぽかに導くトレーニングを実践しています。冷えやすい部分を念入りにほぐすとともに、下腹の「丹田」にエネルギーを集め、手足の末端に至るまで血流をスムーズにしていきます。

冬に向かってドンドン気温が下がって、寒さを感じるこの季節。イルチブレインヨガで体を内側からぽかぽかにして、冷えにくい体質へとチェンジしませんか!?

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です