秋こそ自律神経を整えて、ダルさ知らずの“イキイキ脳”に!イルチブレインヨガでバランスケア


「だるさや疲れが取れないのは、年齢や仕事のせいだからしかたない」と諦めていませんか?「だるいのは、いつものことだから」などと放置すると、思わぬ不調や病気を招くこともあります。とくに秋は、夏の間の運動不足やバテが蓄積され、心身がだるくなりやすい季節です。風邪をこじらせたり、慢性的な便秘や肩こりを起こしたりする可能性が十分にあります。

心身のダルさや疲れは、自律神経が深く関係しています。私たちの体は、「自律神経」「ホルモン」「免疫細胞」の3つがトライアングルのように支えあうことで、健康を保っています。このうち、自律神経のバランスが崩れると、ホルモンのバランスも失われて免疫力もダウンし、様々な体調不良の原因となります。集中力も低下し、仕事や勉強もはかどらなくなります。

自律神経とは、呼吸や消化・吸収、血液循環、体温調整など生命の基本的な活動を支える神経です。体が疲れたときも、自律神経が血行や心拍などを調整することでスムーズにカラダが修復していきます。その際、重要な役割を果たすのが脳です。脳が全身から情報をしっかりと収集し、指令を出すことで、はじめて自律神経がしっかり機能するからです。

イルチブレインヨガは、脳を活性化させることで、自律神経を整えるエクササイズです。全身の筋肉の緊張をほぐし、脳や体の疲労を回復していきます。イルチブレインヨガを行うと、自律神経の主体がストレス系の「交感神経」から、休息を促す「副交感神経」へと切り替わり、リラックスできます。イルチブレインヨガで、神経をリラックスモードに!

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です