イルチブレインヨガで脳の集中力アップ!能率アップ!


最近、運動と脳活性化の関係に注目が集まっています。米国イリノイ州ネーパーヴィルでは、学校の生徒1万9000人を対象に、毎朝授業の前に運動をする取り組みを行いました。すると、生徒の学力が全米で屈指のレベルになりました。世界の約23万人の生徒が参加するTIMSS(国際数学・理科教育動向調査)において、ネーパーヴィルの生徒は、なんと、理科で世界1位、数学で世界6位という驚くべき結果を出したのです。

この生徒たちのように、運動によって脳が活性化し、学力が向上するという例は世界各地の研究機関で報告されています。その理由の一つは、運動をすると、血流が良くなり、酸素やブドウ糖が脳にたくさん送られるためだと考えられています。また、運動をすると、「セロトニン」などの脳内ホルモン(神経伝達物質)が増え、やる気や集中力が高まるとされています。

また、運動による脳活性化は、学力の向上だけでなく、精神のコントロールにも有効だとの考えが定着してきています。たとえば、音楽の演奏会やスポーツの試合中、余計なことに気を取られず、本番に集中するためには、脳が活性化していなくてはなりません。脳が活性化され、意識が集中した状態であれば、迷いや不安などの感情に左右されることなく、ほんとうの実力を発揮することができます。

最新の脳科学によると、私たちの集中力は「脳の司令塔」と呼ばれる前頭前野(ぜんとうぜんや)でコントロールされており、前頭前野をしっかり働せるには、前頭前野の脳細胞にできるだけ多くの酸素や糖を供給する必要があります。そのエネルギーを運ぶのが血液です。

イルチブレインヨガでは、前頭前野への血液循環をスムーズにすることで、脳細胞が使える血液やエネルギーを増やします。その結果、深く、長く集中を維持できるようになります。それが、精神面での安定や健康にもつながると考えられています。最新の脳科学に基づくイルチブレインヨガの脳活性化プログラムで、自分にとっての最高のパフォーマンスを引き出しましょう!

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です