身体を動かすと、気分が変わるのはナゼ?イルチブレインヨガで脳を使いこなす!


「何もやる気がしない」「なんとなくダルい」なんて感じているときでも、体を少し動かすと、気分がリフレッシュして、やる気が起こることってありませんか?仕事で煮詰まったときも、気持ちが落ち込んでいる時も、まずは体を動かしてみる。それだけで気分転換が図られ、活力を取り戻すことができます。

体を動かすことによるこうした気持ちの変化には、脳が介在しています。仕事や私生活でワンパターンな行動を繰り返していると、脳が退屈になって疲労感を引き起こしますが、いつも違う動きをすることで、脳のバランスが回復し、元気になります。また、運動をすると、脳の中では、セロトニンに代表される幸せホルモンが分泌されます。この結果、憂うつな気分も抑制されるようになるのです。

私たちの「心」を支配しているのは、言うまでもなく脳です。だから、脳をうまく使いこなせれば、感情をコントロールできます。「怒り」「ねたみ」「憎しみ」といったマイナスの感情も、脳の力で抑えることができます。ただ、脳を使いこなすには、体を頻繁に動かす必要があります。イルチブレインヨガでは、「脳の上手な活用には、体と遊ぶことが大切」だと考えており、楽しみながらヨガ体操をすることで、脳の状態を改善していきます。イルチブレインヨガの具体的なエクササイズのメニューは、脳科学研究と東洋医学に基づいて開発されており、たいへんバランスのとれた総合的な健康法となっています。イルチブレインヨガで体を気持ちよく動かして、健康と幸せを創造しませんか!?

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です