「脳」を活かすイルチブレインヨガの健康法


最近、医学や教育などの分野でキーワードとなっている「ホリスティック」。ホリスティックとは「全体的な」という意味で、表面や部分的なことにとらわれるのでなく、全体像をとらえ、根源的な解決策を見いだしていく手法です。ホリスティック(Holistic)の語源は、ギリシャ語の「全体」を意味する「ホロス(holos)」で、health(健康)やheal(癒す)などの言葉もここから生まれたとされます。

たとえば医学でいえば、「風邪を引いたら風邪薬」「便秘が続いたら便秘薬」といったような対処療法でしのぐのでなく、体全体のバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力を引き出しながら治癒していくのがホリスティックです。

イルチブレインヨガのプログラムは、東洋医学と現代脳科学をベースにしており、ホリスティックな観点から健康づくりに役立てます。人間の体と心を統括する「脳」の潜在能力に着目し、脳を目覚めさせることで、心身をベストなコンディションへと導いていきます。簡単なヨガや脳体操で体を動かすことで気の流れをスムーズにして、内側から活性化。薬などに頼らない本物の美と健康を目指します。全国のスタジオでは、お一人お一人の体やココロの状態にあわせて、的確な健康法をアドバイスする“個人ケア”を心がけており、心身のヒーリングへとつなげていただけます。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です