汗臭さの原因となる「ドロドロの汗」


暑い日にどうしても気になってしまうのが、汗の臭い。

職場の同僚や親しい友人に「汗臭いよ」なんて言われたら、やはりショックですよね。汗をかくのは健康的なこととはいえ、やはり体臭は気になります。

実は汗には、2つの種類があります。1つはほとんど水分のみの汗。サラサラしていて、あまり臭いがしません。

もう1つは、タンパク質や脂肪を含む汗です。こちらはネバネバしていて、細菌がつきやすく、ニオイを発しやすいです。汗ですぐ体臭が臭ってしまう人は、こちらのタイプの汗が多いと思われます。

ネバネバした汗ばかりが出る人は、汗腺がうまく機能していないことが多いのです。汗腺が働いていないため、汗を出すタイミングが遅れてしまい、その間に乳酸や脂肪酸、タンパク質が混じってしまうのです。

では、汗をスムーズに出すようにするには、どうすればいいでしょうか?

それは、ふだんから小まめに汗をしっかりと出しておくことです。定期的に運動をしていれば、汗がしっかりと出て、体質的にも汗腺から汗が出やすくなります。

それから、お風呂で汗を出すのも効果的です。お風呂から出た後も、すぐにクーラーのついた部屋で涼まないで、がまんします。そうすれば、汗がたっぷり出ます。

夏でもクーラーのついた室内で体をずっと冷やしていると、汗腺の働きは鈍くなるので注意が必要です。また、ダイエットのために食事制限をすると、エネルギー不足によって脂肪分が不完全燃焼となり、汗に脂が混ざって、臭くなる恐れがあります。

汗がサラサラであることは、健康的な証拠でもあるのです。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です