脳とインナーマッスルを刺激して腸デトックスへ!イルチブレインヨガでダイエット


夏本番を控え、便秘や下痢、お腹にガスがたまるなど腸の不調を感じていませんか?夏のダイエットは腸活性化から始まります。イルチブレインヨガの体操と呼吸で腸内をデトックスし、夏ヤセを成功させましょう!

便秘を訴える若い女性は、「3人に1人」とも「2人に1人」とも言われています。その多くが、とくに病気でもないのに持続的な便秘の症状に悩んでいます。その原因として考えられるのが、腸内環境の悪化。慢性的に便秘の人は、腸の中に悪玉菌が増えて、腸の働きが悪くなっている可能性が大です。

私たちの大腸の中には、およそ100種類・100兆個の菌がいるとされます。このうち、体にいいのが「善玉菌」、体に毒をもたらすのが「悪玉菌」です。悪玉菌から生まれる毒素は、通常はガスとして体外に排出されます。しかし、腸が弱ってうまく排出されないと、毒素が蓄積されてしまい、腸の働きがさらに悪化。これが、慢性的な便秘を招きます。

便秘が続いて腸の中に毒素がたまると、腸内に悪玉菌が住みつきやすくなります。その結果、さらに毒素が増えるという悪循環に。腸の毒素は、血管から取り込まれて全身に広がり、健康悪化や肌荒れの原因になります。代謝もダウンし、太りやすい体質になってしまいます。

こうした悪循環を断ち切るには、硬くなった腸を柔らかくすることがカギ。自律神経のバランスを整え、腸をリラックスさせることで腸が活発化し、善玉菌が住み着きやすい腸内環境へと変わっていきます。腸のリラックスにオススメなのが、イルチブレインヨガの健康プログラムです。エクササイズと呼吸法で丹田を活性化して、腸の働きを目覚めさせるとともに、脳を活性化。自律神経を整えて、腸を元気にします。さらに、お腹の内側のインナーマッスルを鍛えて、便を出す力も高めていきます。自らデトックスする力を養っていく健康的なダイエット法です。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です