「判断力」や「洞察力」がアップ☆イルチブレインヨガの瞑想でビジネスを成功に導く!


瞑想は今、さまざまな能力を高めるための手段としてビジネス界で注目されています。イルチブレインヨガのブレイン瞑想で、脳の無限の力を引き出しませんか!?

「iPhone」や「iPod」を生んだ米アップルの創業者、故スティーブ・ジョブズ氏は生涯を通して瞑想を実践していたことで知られています。瞑想をすることで集中力を高め、新しい商品のアイデアを思い浮かべていたといいます。

ジョブズ氏のほかにも、瞑想好きで有名な成功者は多く、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も、瞑想を行っています。こうした大物経営者たちの影響もあって、アメリカでは瞑想をするビジネスパーソンが増えています。とくに2008年のリーマンショック以降は、瞑想によって厳しい経済状況を乗り切ろうとする人が多く、各地の瞑想レッスンやヨガ教室は活況を呈しています。

一方、社員研修の中で瞑想を行う企業も増えています。ネット検索最大手のGoogleでは、幹部の研修に瞑想を取り入れています。瞑想によってクリエイティブ(創造的)な能力を高めるのが狙いです。

瞑想とは、心の動きを止めるのが目的です。瞑想をすると、集中力が高まり、斬新なアイデアが湧いてきやすくなります。「仕事に身が入らない」「仕事の能率が上がらない」というときも、瞑想によって集中力を高めることで、解決できる場合が少なくありません。

また、五感の感覚が磨かれ、洞察力がアップするのも瞑想の魅力です。瞑想で神経を研ぎ澄ませることで宇宙と一体になる感覚が得られ、脳が目覚めます。その結果、仕事などの大事な局面で正しい判断を下せるようになります。

さらに、瞑想はメンタル面の強化にもつながるとされ、瞑想を続けることで、苦境に遭遇してもへこたれることなく、常に前向きでいられるようになります。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です