夏の暑さでイライラ度がアップ!イルチブレインヨガで極上のリラクゼーション体験


いつも頑張っていらっしゃる皆さん。夏本番を控えて身も心も固まっていませんか?休息や睡眠をとっているはずなのに疲れがとれないのは、いつも神経が高ぶっているからかも。自律神経の「交感神経」が優位になっていると、体が「安らぎモード」に入れず、リラックスできなくなります。とくに「夜に頭が冴えて眠れない」という人は、自律神経のバランスが崩れている可能性が大です。リラックスの神経である副交感神経が優位にならないと、脳と体の疲れがどんどんたまっていってしまい、体の不調につながりやすくなります。

さらに、夏の暑さでイライラしたり、ストレスを感じたりすると、自律神経が一層乱れやすくなります。夏はどこへ行っても室内にエアコンがきいているため、体温調節の機能が低下しがち。体温調節を司る自律神経がアンバランスになれば、体力が低下し、簡単に夏バテに陥ってしまいます。自律神経は、全身のさまざまな働きをコントロールしており、その働きが乱れると、免疫力も低下。風邪などの病気にもかかりやすくなります。

自律神経を整えるのに最も手軽な方法が、呼吸法です。イルチブレインヨガでは、東洋医学と現代の脳科学にもとづいて、体を深いところから解きほぐすための呼吸法を実践しています。イルチブレインヨガの呼吸法は、ストレスで緊張していた脳をほぐしていきます。さらに、ゆっくりと体のすみずみまで伸ばす簡単なヨガのポーズを行い、深いリラックス状態へと導き、心と体をリフレッシュします。

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です