脳を鍛えるには体から!イルチブレインヨガの脳活性プログラムを体験してみよう


運動とは、体を鍛えることだと思っている人が多いようです。しかし、運動には、体だけでなく、脳まで鍛える効果があります。運動をすると、まず血液が心臓から脳にさかんに送られるようになり、脳内は新鮮な酸素や栄養素で満たされます。これにより、脳の働きが活発になります。運動の後に気分がスッキリする理由の一つは、脳が酸素でいっぱいになるからなのです。

運動が脳に与える影響として、もう一つ見逃せないのが、脳内ホルモン(神経伝達物質)の変化です。運動をすると、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといった感情や思考にかかわるホルモンが増えます。これによって、意欲がわきおこり、憂うつな気分や不安な気持ちを抑えることができます。「万病の元」といわれる過剰なストレスも、セロトニンなどの幸せ系ホルモンを活性化することで、軽減することができます。

イルチブレインヨガは、「脳活性による健康と幸せの実現」をテーマに、脳を段階的に鍛え上げていくホリスティックな健康法を実践しています。今、世界の医学界や教育界、ビジネス界が注目する「脳」のパワー。体を動かすことで脳を活性化し、「体の健康」「心の健康」へとつなげていくイルチブレインヨガを試してみませんか?

カテゴリー: ヨガ・健康関連トレンド   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です